×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プラセンタの効果

そもそもプラセンタってどんな効果があるの?どんな成分?

そもそもプラセンタってどんな効果があるの?どんな成分?

プラセンタが、美容や健康に良いという話は知っていても、実際の効果や成分については、全く分からないという人が非常に多いようです。それでは、まず、プラセンタの成分について見ていくことにしましょう。

 

プラセンタは、英語で胎盤という意味ではありますが、商品として胎盤そのものを使用しているわけではありません。

 

胎盤の中から、グロースファクタと呼ばれる細胞分裂を促す物質や、他の栄養素を抽出し、使用しているんですね。

 

グロースファクタとは、聞きなれない言葉ではありますが、成長因子とも言われており、お腹の中にいる赤ちゃんの細胞分裂を助ける働きがあります。

 

つまり、このグロースファクタを生成しているのが、胎盤というわけですね。細胞分裂を素早く正確に行う際に、欠かせない成分なのです。

 

では、胎盤内に含まれているグロースファクタが、なぜ化粧品や健康食品、医療現場で使用されているのでしょうか。

 

それは、先ほどもご紹介した、細胞分裂を助ける働きにあります。

 

人間の体内では、常に細胞分裂が繰り返されていますが、そこへグロースファクタの働きを取り入れることにより、このサイクルをより活発化させることが可能だと考えられているのです。

 

また、活性酸素を除去する作用も持ち合わせているため、現代病(肝臓病、心臓病、ガンなど)に効果が期待できるとして、医療現場でも以前から積極的に活用されているんですね。

 

他にも、疲労、アレルギー、肌荒れ、シミ、更年期障害、不眠、うつ、生理不順など、幅広い分野で効果があることが、研究の結果から立証されています。